【2017/12/11】最近、色々なスマホのゲームアプリを紹介してます!

母親に再婚するって言われた時、ぼくの返事はこうだった

再婚記事のアイキャッチ

親が再婚するって話をたまに聞く。
それがきっかけで親とギクシャクしたり、
思いつめてしまったりする人も多い。

かくいうぼくも当事者だったりする。
今、悩んでいる人たちに少しでも助けになればと
当時の状況を思い出しながら書きます。

もうだいぶ昔の話なんだけど、
両親が離婚したのはぼくが小学3年生の時でした。

両親の離婚で聞いた伝説のセリフ

ある時、父親にこう言われました。
「お父さんとお母さん別々に暮らすことになったけど、
どちらと暮らしたい?」

伝承の中でしか語られないワードと思っていましたが、
まさか聞くことになるとは。

当時のぼくにそこまでのボキャブラリーはなかったけど。
聞いた時は子供心に「あっ・・・(察し)」って感じだった。

ぼくは母親と暮らすことを選択しました。
うろ覚えですが即答したと記憶してます。
理由は母を守らなくては的なことを考えていたかなぁ。

 

 

中学で名字が変わった

そういえば、名字と苗字ってどっち使ってもいいらしいね。
所有地に由来するか、血族に由来するかで違いがあるんだとか。
為になるね!

そんな話はさておき、中学から母親の姓を名乗りました。
小学校の同級生もある程度一緒の学校になるので、
どう説明したものかと悩んだものです。

当時のぼくは「離婚」というものが、
どちらかというと、悪いものに属すると考えており、
気恥ずかしさのようなものがありました。

周りにお前のところ離婚したんだろーって、
言われるのが嫌だった。

 

 

親に言われて心が軽くなった言葉

周りに名字のこと聞かれたらどうしよう?と母に相談した。
その時言われた言葉が「離婚は父さんと母さんの問題で、
お前は何も気にしなくていいんだよ?お前にとっては父親と母親なんだから」

この言葉を聞いた時、腑に落ちたというか、
心が軽くなり、離婚について気にしなくなりました。
って名字についての質問に答えてないじゃん!
名字については普通に「離婚したわww」みたいなノリで押し切った。

 

 

そしてもう1つの伝説のセリフを聞くことになる

中学校2年の時によく家に来る男性がいました。
まぁ、当時母が付き合っていた人なわけですが、
ある時、その人に呼び出され、
「君のお母さんと一緒に暮らしたいんだけどどうかな?」
って言われた。

まさか伝承にあるもう1つのセリフを聞くと思っていなかった。
離婚はまだ小僧大爆発の時なのであまりショックを受けなかったんですが、
今回はキましたね。どーん!って心に重いものがぶつかった感じ。
正直、何も考えられず戸惑いました。

その場でオーディエンスとかテレフォンが使えればまだよかったんですが、
テレフォンはさておき、オーディエンスいないしね。
その場で回答は出来ず保留。「いやーきついっすw」的な話はしたようが気がする。

 

 

親の再婚に対してぼくが考えた答え

悩みました。アホな脳みそをフル回転させながら、
一緒に暮らすイメージをしたり、
どうしたら良いのか子供ながらに考えました。
母には幸せになってほしいし、でも自分は嫌だし・・・

ぼく的にはその人にピンとこなかったんですよね。
なんか違うなって気がしてた。
まぁぼくがそんなこと考えても仕方ないんだけども。

頭の中で色々なことがグルグルしていましたが、
明確に思っていたことが1つあり、それがぼくの答えの決め手になった。

「自分の父親は世界に1人しかいない」

母に答えました。
「再婚は良いと思う、だけど自分はあの人を父とは呼べない、
だから自分が家を出て行く」

結果、母はその人とは再婚せず今に至ります。

 

 

今になって思うこと

あの時、再婚していたらどうなっていたのか。
母は今より幸せなのか。
そう考えるとあの時の選択肢は正しかったわかんない。

まぁ、今考えるとその人イマイチだったから良かったのかもw
なんて話してくれることもあるけどね。

 

 

子供にとっては結構重要な問題

会社でシングルマザーの人に再婚について相談を受けたことがあって、
今の話を思い出したので書きました。

もし似たような人がいればこれだけは伝えたい。
離婚するのも、再婚するのも親の自由です。
だけど、子供にはちゃんと話して子供の意見を聞いてほしい。

子供は気丈に振舞ってくれるかもしれない。
でも絶対にノーダメージということはないです。
大丈夫なフリしてるだけ。ケアしてあげないと徐々に傷になり、心が病んでいく。
そういう意味で言えば気丈な母に助けられたんだなって思う。

親も子供の未来を想って
再婚という選択を取るということは今ならよくわかる。
金銭面も含めて、1人で子供を育てるって大変だしね。

再婚はダメなんて言うつもりはないけど、
家族が増えるって人生において結構大きいイベント。

子供に負荷がかからない方法で徐々に慣れていく、
そんな歩み寄り方ができるといいなぁと思います。

親と温泉でも行ってこようかなぁ。

ではー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です