2017.11.9 iPhoneXのケースはSpigenがオススメ!

携帯の契約はこれでバッチリ!意外と知られていない免許証やマイナンバーなど本人確認書類の色々をまとめたよ

本人確認書類の記事のアイキャッチ

どもー、Dです。

携帯の契約はもちろんのこと、
最近は仮想通貨の取引所で本人確認書類の提示が
必要になるケースが多くなりました。

ってことで、各書類の受付可否など
本人確認書類についてまとめてみました。

そもそもなんで本人確認書類いるの?

元々、振り込め詐欺だの、オレオレ詐欺に使われた
携帯は本人確認のいらないプリペイド式携帯が
犯行の9割近くを占めていました。

そこで携帯の契約時など、本人確認書類の提示を必要とする、
不正利用防止法が段階的に適用されるようになりました。

基本的な確認項目以外に各事業者ごとで
個別に確認している項目などもありますが、
ここでは各書類の注意点をあげていきます。

 

 

運転免許証

f:id:d-game-flawless:20170820074213p:plain
本人確認書類界で最強の書類。
顔写真がついていることから
基本的にこれ1枚で事足りることが多い。

 

 

氏名・住所・生年月日

申し込み内容と相違があるとアウト。
氏名・住所は裏面で更新されているのであれば、
必ず裏面の提示も必要!

その際は更新の印として「公安印」が押されていること。
手書きの更新はアウトなので注意。

 

 

有効期限

ちゃんと有効期限内じゃないとダメ

 

 

穴あき免許証

有効期限が切れていて
新しい免許証に変わっているということなのでダメ。
ただし、裏面で切り替えるまでの間、
有効期限が延長されていることが
わかるスタンプがあればOKのようです。

 

 

運転経歴証明書

免許証じゃないからダメ。
ただし、何か契約する際の書類ではなく、
荷物の受け取り時に使う本人確認書類であれば
許容しているところもあるようです。

 

 

パスポート

f:id:d-game-flawless:20170820074243j:plain
免許証と並んで最強の書類。

表面と裏面を提示する

顔写真のついている面と
住所を記載する裏面の両方を提示しないとダメ。

パスポートの住所面は手書きなので
ちゃんと書いておく必要があります。
住所変更している場合は二重線訂正して、
新住所を書き加えておくこと。

 

 

パスポートの種類

日本国パスポートじゃないとダメ
もちろん有効期限内であることが条件。

 

 

マイナンバーカード

事業者によって違うところもあるみたいですが
基本的にダメみたいですね。
理由は個人番号が個人情報として強すぎるので、
本人確認書類として記録・保管をしないようです。

うーん、マイナンバーカードの必要性とは・・・

 

 

保険証

f:id:d-game-flawless:20170820074302p:plain
健康保険証、社会保険証どちらもOK
ただし、1点での確認はNGで
「補助書類」の添付が必要なケースが大半。

 

 

社保の注意点

住所が印字されていないので
裏面の提示も必要。住所は必ず書いておくこと。
補助書類で現住所が確認できても、
メインの確認書類である保険証に書いてないとダメです。

 

 

保険証っぽいやつ

「〜資格証明書」って書いてあるやつは大抵アウトみたいです。
保険証って見た目保険証だけど名称が違うやつとか多すぎ問題。

健康保険証や、社会保険証であれば問題ないんですが
「これいけんのかな・・?」っていうのは都度確認した方が無難ですね。

 

 

在留カード

受付OKの書類。外国人登録証明書というものもありますが、
現在は交付されていない書類なので在留カードでの提示が好ましいようです。

在留期間

氏名とか住所は今までの書類同様必要ですが、
在留カードは在留期限が重要。永住者ならここは記載がないと思います。
そうじゃない人は在留期間内であることが重要。

携帯を割賦で契約する人は割賦で支払う期間も含めて
期限内でないとダメっぽいです。まぁ持ち逃げとか出来ちゃうしね・・・

 

 

住民基本台帳カード

調べてみると、受付NG!ってところと
「補助書類」があればOK!としている事業者もいるようです。
なので住基カードはやめといた方が無難かもしれない。

 

 

補助書類について

本人確認書類が保険証とか、
免許証記載の住所が古いままとか、
そんな場合、補助書類を添付することで
受付OKとしているようです。

・有効期限が3ヶ月以内
・氏名、住所が確認できる
みたいなところが基本的な部分。

 

 

受付OKなやつ

補助書類、めちゃめちゃ種類あるので
ポピュラーなやつを抜粋すると

・住民票
・公共料金の領収書
この2つが良さそうです。

 

 

公共料金の領収書について

・領収印があるやつが好ましい
請求書はダメ。必ず領収書。
・事業者によるが「電力自由化で新規参入している会社のものはダメ」
って感じで受付不可にしているところもあるようです。
市の水道局とかを用意するのが無難。

 

 

その他

フラッシュに気をつける

最近はネットで申し込みが主流なので
自分で本人確認書類を撮ってアップロードしますが、
フラッシュなどで書類が反射して見えなくなっていると
アップロードし直してね?って出し直しになるケースが多いようです。

あとは運転免許証で顔写真載せるの恥ずかしい///って隠してるケースとか。
本人確認のためにアップロードしてるので見せないとダメ!

 

 

さいごに

ってことで色々調べてみた結果、こんな感じでした。
免許とかパスポートがあると1番ですけど、
他の書類になるとちょっとめんどい・・・

携帯を契約する時など参考にしてみてください。

ではー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です