【2017/12/11】最近、色々なスマホのゲームアプリを紹介してます!

メタップスの新サービス、タイムバンク(Timebank)がリリース!触った感想をまとめたよ

タイムバンクを触ってみた記事のアイキャッチ

どもー、Dです。

個人の時間を取引するアプリ、
「タイムバンク」がリリースされました!

さっそく触ってみましたよー。

以前、メタップスの代表取締役、
佐藤航陽さんが番組で語っていたタイムバンクの話はこちら。

「タイムバンク」をメタップスの佐藤航陽さんが直々に説明していた 個人の時間を取引ってすごい!

2017.08.07

専門家の時間を取引するアプリ

簡単に言うと、
「時間の取引をする」アプリ。

各分野の専門家から時間を購入し、
その時間で公演をしてもらったり、
チャットで簡単な相談を聞いてもらうなど、
色々な使い方ができる。

f:id:d-game-flawless:20170911181231p:plain
まとまった時間を購入することで、
「公演」「相談」といったリワードが得られる。

まとめるとこんな感じ。

・時間は10秒単位から取引可能
・秒単価は各専門家によって変わる
・購入した時間を別の誰かに売ることも可能

 

 

 

実際にアプリを触ってみる

こちらからDLできます。
Androidは準備中。もう少し待ってね!

f:id:d-game-flawless:20170911181949p:plain
f:id:d-game-flawless:20170911182009p:plain
f:id:d-game-flawless:20170911182027p:plain

アプリをDLすると、
こんな感じで説明のスプラッシュが流れる。

その後、Facebookか、メールアドレスのどちらかで、
認証してログイン。

f:id:d-game-flawless:20170911182229p:plain
ホーム画面はこんな感じ。

現時点では、
5名の方が専門家として登録されています。
・はあちゅうさん
・経沢 香保子さん
・千葉 功太郎さん
・坪田 信貫さん
・箕輪 厚介さん

時間の売買は9/13から可能のようです。

f:id:d-game-flawless:20170911182733p:plain

個人名をタップすると詳細が表示される。
はあちゅうさんだと、20分の相談を66,720円で購入できる。

 

 

最初だからスモールスタートっぽい

専門家として名前があがっているのは、
有名な方ばかり。

銘柄のプロフィール内容から見ても、
当人たちと細かく決めている感じがしました。
プロフィール画面も結構ちゃんとした作りだし。

時間の取引所という新しい試みだから、
まずは規模を限定してスタートさせて、
徐々に拡大していくのかな?

 

 

自分を専門家として登録

ちなみに自分自信を専門家として、
登録することも可能です。

まず、こちらのページで、
影響力スコアを測定します。

f:id:d-game-flawless:20170911183606p:plain
自分が登録している、各種SNSを使って、
影響力スコアが算出することができます。
スコアが「57」以上であれば専門家として申請が可能。

ぼくもツイッターで、
影響力スコアをチェックしてみたところ・・・
f:id:d-game-flawless:20170911183724p:plain

ハイ、ダメー。
まぁ、わかってたよ・・・

でも32って、意外と高くない?
ぼくのツイッター、そんなフォロワーいないんだけどなぁ。
頑張ればいけそうな気もする。(気のせい)

前述した通り、
今は登録する専門家を限定しているようなので、
審査などは慎重に進めているようです。

1日に数人づつくらい専門家の方は増やしていくみたい。
わかりやすいニュースがあったので、貼っておきますね。
jp.techcrunch.com
※リンク失礼します。

 

 

タイムバンクの使い方

オーソドックスなのは、
リワードが発生するレベルまで、
専門家のタイムを購入して、
相談を受けてもらったりする使い方。

その道のプロに話を聞いてもらう、
もしくは話してもらうことで、
経験や技術のシェアが可能になる。

これが1番わかりやすいですね。
リワード条件もあることから、
専門家に触れる機会を作るってのが、
買う側のメリットがシンプルに伝わる。

もう1つは自分の時間を売る。
つまり専門家側になる。

ハードル高いけど、リワードの設定次第で、
ブランディングツールとして、
活用することができる
のは良いですね。

最後に購入したタイムを売る。

これは箕輪さんや、はあちゅうさんのような、
有名な専門家の方から買ったタイムを売るのではなく、

まだ名前が知られていないけど、
今後、期待できる人の「未来のタイム」を購入し、
その人の活動を支援する使い方が良さそう。

そして、その人が徐々に有名になっていき、
時間の価値があがったら、売りに出す。

こういった、使い方もできるのが、
タイムバンクの面白いところですよね。

 

 

評価経済をわかりやすく表現している

これからは「個が生み出す価値」が評価され、
新たな経済が、生まれていく時代なんだなぁって、
タイムバンクを見ていると思う。

AI化で人間がやらなくて良いことが増えていくと、
相対的に「個」が際立っていき、
社会や組織が、「個」の力を必要とする、
パラダイム変化が起きていくんじゃないかと思うと、
ワクワクが止まらない。

時間という概念のブレイクスルー。タイムバンク。
まだまだ、先はわからないけど、ワクワクしながら、
追っていきたいな。

タイムバンク、おもしろかっこいいぜ!

ではー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です