【2017/12/11】最近、色々なスマホのゲームアプリを紹介してます!

「タイムバンク」をメタップスの佐藤航陽さんが直々に説明していた 個人の時間を取引ってすごい!

タイムバンクの記事のアイキャッチ

どもー、Dです。

NewsPicksの放送で「タイムバンク」について
メタップスの佐藤航陽さんが説明されていました。

時間にこだわっちゃう系男子として、
なんかワクワクしたので、アホなりにちょっとまとめてみました。

  • タイムバンクとは
  • SNSでの情報が価値の基準になる
  • 使い方は色々
  • 個が組織を上回る
  • 少しづつ変わる世界

タイムバンクとは

ざっくりいうと「個人の時間」をやりとりする仕組み。
技術者や経営者、アスリートなど「専門家」の時間を、
一般の「消費者」が購入できる。

買った時間は「使用」してもいいし、
さらに「売却」しても良い。

この人は今後伸びていく人だから、
「保有」して価値が上がるのも待つなど、
時間の取り扱い方は色々あるという「時間の取引所」

f:id:d-game-flawless:20170807224330p:plain

個人を評価して価値をつけるというところは、
VALUにどこか似た雰囲気を感じたかな。

中国ではすでに個人>会社の逆転現象が起きていて、
個人の時間を会社が買い争うという図式があるとかなんとか。

 

 

SNSでの情報が価値の基準になる

タイムバンクのページから、時間発行の申請が可能。
申請時にTwitter、Facebook、YouTubeのSNSから、
選択して申請する。

ツイート数とかフォロワーとのやりとりなどの、
「ネット上での個人行動評価」のような判定がなされて、
影響力スコアが算出される。(詳細な基準はヒミツらしい、当然かっ)

f:id:d-game-flawless:20170807225158p:plain
申請画面。Instagramは準備中らしー。

影響力スコアが57以上であれば、
時間発行をすることができるって仕組みです。
イケダハヤトさんは影響力スコア76ですって、さすがやな!

その人の時間を評価するにはやっぱり細かいところまでチェックするみたいで、
協議しながら価値を判断してるみたいです。まぁ変な人OKにしてもアレですしね・・・
申請が通るまでちょっと時間がかかっちゃうとのことでした。

 

 

使い方は色々

いやー、これめっちゃ面白いよね。
例えば、池田秀一さんとかの時間が売りに出されてて、
ぼくが学校の校長とか、会社の社長なら買うもん。
朝礼で演説とかしてほしい。

朝からシャアが演説したら、
勉強とか仕事とか頑張れそうじゃない?

小学生なら「シルバーバレットの人が演説してる!」
とか言ってきっと頑張る。

売りに出す側は、かなり細かく指定できるみたい。
平日は忙しいから、土日の何時から何時までの間とか、
隙間時間をどんどん活用していける。

「先達者」の知識や技術を知りたいって人は多い。
例えば、イケダハヤトさんの時間を買って会いにいくとか。
著名な演出家の人や、俳優の方に自分達の芝居を見てもらうなど、
使用することで、自分の「未来時間の価値」を上げる使い方もある。

もしくは将来有望な若者の2年後の時間を購入し、
価値が上がるまで保有して、価値が上がったら売りに出すとか。
「タイムオーナー」という概念が生まれる。うーん、すごい話だぁ。

(追記)
タイムバンクがリリースされたので、
触ってみた感想をこちらにまとめました。

メタップスの新サービス、タイムバンク(Timebank)がリリース!触った感想をまとめたよ

2017.09.11

 

 

個が組織を上回る

中国の話を出したけど、日本はまだまだ会社が強い世界。
しかし、VALUの例もあるように日本も徐々に個が持つ価値は、
組織を上回る準備をしてるのかもしれない。

タイムバンクは個が持つ時間を取引する。
この先、個の時間を組織が買うなんて、
場面も出てくるんじゃないかな。

堀井雄二さんの時間を買って、
新しいゲーム制作の意見をもらうゲーム会社とか。

評価基準も、
ニコニコ動画を含めたいというお話をされていたので、
ゲーム実況なども、
今後はまた違った価値が生まれるのかもしれない。

個の時間は様々な観点から評価され、取引される。
人が会社や組織に所属しなくても生きていくことができる世界は、
すぐそこまで来ているのかも。

すでに会社や組織と強い結びつきを持っている人には、
あんまり魅力を感じないかもしれないけど、
若い人やユーチューバーや、
ブロガーのようなフリーランスの人には、
とても有益なツールだと思う。

 

 

少しづつ変わる世界

最近、世界の速度がどんどん早くなっている気がする。
暗号通貨をはじめ、
色々なものが世界を駆け巡っていてアワアワしていたり。
でも、その反面ワクワクもしてる。

タイムバンクは、
そんな新しい世界の扉が、
垣間見えるものだったよって話でした。
大げさかなっ

とりあえず、
タイムバンクの影響力スコアが、
57以上になるように頑張る!

ではー。

timebank.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です