2017.11.9 iPhoneXのケースはSpigenがオススメ!

【レビュー・ネタバレあり】ラジアントヒストリアパーフェクトクロノロジーをクリアした感想をまとめるよ

ラジヒスのクリア感想記事のアイキャッチ

どもー。Dです。

アトラスから発売された
ラジアントヒストリアパーフェクトクロノロジー」

クリアしたので感想などまとめました。
ネタバレ要素があるのでご注意ください!

クリア時間は27時間ほど

ストーリー重視で進めていたので、
早い方だと思います。

f:id:d-game-flawless:20170829000956j:plain

後半でグロウリングなる、
レベル上げがめっちゃ捗るアイテムを使いましたが、
使ったタイミングはラスボス手前くらいなので、
だいたい30時間もあればクリアできる感じです。

 

 

ざっくりストーリー

アリステルという国で諜報員をしている主人公ストック。
新たな部下を2名連れてある任務に就くが、
任務の途中で部下は殺され自分も瀕死に。

次に目を開けると見たこともない場所にいた。
案内人を名乗る子供たちから、
自分たちの世界が破滅に向かっていること、
それを止めて欲しいと頼まれる。

その為の力、過去に戻り、
歴史をやり直すことができる「白示録」を使い、
ストックは破滅の未来を変えていく。

f:id:d-game-flawless:20170829001057j:plain

こんな感じで時系列で出来事が確認できる。
白示録を使い、過去に戻り歴史を正すことで、
未来を変えていく。

最初に大きな2つの選択肢があり、
そこから正伝、異伝という2つの歴史に分岐する。

正伝を進める為、異伝の歴史を経験することが必要になったり、
またその逆があるなど、歴史を行き来し、物語を進めていくのが、
基本的なプレイスタイルです。

歴史ものが好きな人ならハマること間違いなし。
そんなラジヒスの良い点悪い点をまとめました。

 

 

良かった点

全体的にテンポが良い

ゲームの性質上、過去に体験したシーンなど、
繰り返し見ることになるんですが、
1度見たシーンはスキップ可能。
セリフも飛ばすことが出来るのは良かった。

敵との遭遇はシンボルエンカウントを採用しています。
ストーリー中盤で姿を隠すことが出来る技を身に付けることで、
戦闘を回避できるのもテンポの良さの1つ。
(姿を隠している間、MPを消費する)

戦闘シーンもオート戦闘が可能。

全体的にテンポ良く進められる作りとなっており、
ストレスを感じずに進められました。

戦略性のあるバトルシステム

敵は3×3の9マスからなるフィールドに配置される。

こちらのスキルで強制的に敵の位置をずらしたり、
1ヶ所にまとめたあとで魔法で一掃など、
戦略性が高いシステム。

攻撃する順番を味方同士で入れ替えたり、
敵と入れ替えたりすることで、
連続して攻撃することも可能。
f:id:d-game-flawless:20170629235046j:plain
この9マスを上手く使って敵を倒す。

仲間になるキャラはそれぞれ、
特徴を持っているのでパーティの組み合わせを
色々考えて遊ぶのも楽しかった。

ぼくはレイニー、アト、マルコあたりが好き。
レイニーとマルコは最初に仲間になるから、
愛着が湧いてずっと使ってた。

レイニーとマルコのPVは面白いので是非見るべし。

【ちょぼらうにょぽみ応援中!】輝け!ラジアントヒストリア!-前編-

【ちょぼらうにょぽみ応援中!】輝け!ラジアントヒストリア!-後編-

・・・おもい。

 

 

悪かった点

敵の攻撃パターンが単調

こっちは色々な攻撃手段を持っているんですが、
敵の攻撃パターンが単調なのがちょっとネックかなと。

特にボスが顕著で、通常攻撃と全体技、
状態異常の3つが主な攻撃。

ラスボスもそんな感じなので、
マンネリ感が少しあったのは残念。

 

 

追加要素「亜伝」

前回は正伝・異伝のみ。
亜伝は今回追加されたストーリー。

前作のラスト

ストックは世界を救う為に「ニエ」となることを決意。
自らを犠牲にすることで砂漠化の進行を止めようとします。

しかし、ラスボス「ハイス」がストックの代わりに「ニエ」となり、
ストックは平和になった世界で砂漠化を止める為に、
仲間と共に明日を生きる。というのが前作のラスト。

世界を真に救うストーリー「亜伝」

今作はもう1つの可能性「亜伝」をプレイすることで、
世界が砂漠化している本当の理由を知り、
根本的な解決を目指すストーリー。

「パーフェクトクロノロジー」=「完全な年代記」の名が示すとおり、 あと
今作で物語を補完し、
ラジヒスを完結させたかった
ということなのだと思います。

亜伝の最後はハイスも仲間になり、
「ラスボス仲間になるんかい」とツッコミを入れつつ、
最後はみんなで笑顔で終われる清涼感のあるエンディングでした。
(ネメシアは・・・まぁ仕方ない)

ちなみにネメシアは花の名前でもあるんですが、
花言葉は「過去の思い出」
ネメシアにぴったりな感じ。

 

 

最初から亜伝も出来る?

これは最初に選べます。
1.正伝・異伝をクリアしてから亜伝をプレイ
2.初めから亜伝もプレイ

ぼくは正伝・異伝クリアしてから亜伝をやりました。
ただ、最初から亜伝をプレイできる状態から
初めてもよかったかなって印象。

正伝・異伝の進行度合いで、
亜伝のストーリーは解放されていくので、
同時にやったほうが楽しめるかも。

 

 

さいごに

サブイベントや白示録を埋めるなど、
クリア後のやり込み要素も多いです。
クリアデータを引き継いで周回プレイもできます。

周回プレイでしか出てこない裏ボスもいるので、
クリア後もまだまだ遊べる作りなのがありがたい。

アトラスは結構隠れた良ゲーが多いので、
ラジヒスに限らず他の作品もリメイクしてほしいですね。

ではー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です