任天堂の株主総会から見えた今後

任天堂決算短信記事のアイキャッチ

どもー、Dです。

6/29の任天堂の株主総会での質疑応答が開示されました。
そこから見えた任天堂の動きを予想していきます。

基本はSwitchメイン

スマートデバイス、パソコン、家庭用ゲーム機と、
大きく分けると3つのセグメントがあるゲーム業界。

 

任天堂は家庭用ゲーム機を主軸としてスマートデバイスも徐々に拡大していく、
基本戦略は今まで通り。

 

ただ、先日のE3でポッ拳、スプラトゥーン2、ARMSと対戦ゲームのイベントを展開していた事から、
eSportsのような大人数参加型のイベントなども考慮しつつ、Switchを展開するという新しい切り口も見えました。

 

2017年度、通期でSwitchを全世界で1000万台販売を目標としており、
発売1年目でSwitchユーザーを確保し、サードパーティーの参入障壁を下げる。
これにより、様々なソフトを提供出来るようになり息の長いハードとするのがSwitchの狙い。

 

7月以降の充実のソフトラインナップから鑑みても、通期での1000万台は容易に思えます。
課題として、ハードの供給が間に合うか?といったところでしょうか。

 

リアル参加型のアトラクションにも力を入れている

USJの新アトラクションとして、
「SUPER NINTENDO WORLD」の着工を開始。

 

先の話になりますが、
東京オリンピック・パラリンピックに合わせたインバウンド戦略として、
進めているとの事。ここまで大掛かりな体感型のアトラクションは初なので楽しみです。

 

 

スマートデバイスはスマホゲーに注目

「Pokémon GO」や「スーパーマリオラン」「ファイアーエムブレムヒーローズ」と、
すでにスマホゲーで3作品出しており、「スーパーマリオラン」は世界累計で1億5000万DL達成。
びっくりしたのが、「ファイアーエムブレムヒーローズ」のDLが「スーパーマリオラン」の10分の1以下で、
課金額は「スーパーマリオラン」を越えている事。

 

今後は「どうぶつの森」の配信を予定。
ガチャタイプの課金にシナジーのある作品なので売上も気になります。
懸念としては低年齢層も多い為、金額設定が気になりますね。

 

内部留保についてはスマートデバイスを始め、
映像コンテンツなど多岐にわたり投資していく戦略です。

 

Switchの今後も含め、目が離せません。
スプラトゥーン2が待ち遠しい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です