【MHW】据え置き機に戻ってきたモンハンは最高だった!モンハンワールドベータ版の感想

モンハンワールドベータ版のプレイ感想のアイキャッチ

(公開日:2017/12/10 更新日:2017/12/12)
どもー、Dです。

モンハンワールドのベータ版が公開されたので、触ってみました!
プレイした印象や、所感を書いていきます。

一言でいうと何もかも最高だった

これに尽きます。待っていたのはこんなモンハンなんだ!っていう要素をこれでもかって詰め込まれている感じ。

グラフィックがものすごい綺麗なのはモチロンとして、今までのモンハンで気になっていた部分を解消してくれていて、本当にプレイしていて楽しい!

心に残った点を細かく掘り下げていきます!

 

 

スポンサーリンク

MHWはキャラメイクがすごい細かい!

モンハンワールドのキャラクタークリエイトの画像。ベータ版では6つから選ぶ仕様。それでも、キャラクターはかなり細かく設定できることがわかる。

ベータ版では、あらかじめ用意された6種類から選択するようになっていました。製品版ではさらに細かく設定が可能。

でも、この段階でかなり幅広く設定できることがよくわかります。そして、グラフィックがやっぱり綺麗。

オトモアイルーも設定可能です。

モンハンワールドのアイルークリエイトの画像。キャラクリ同様、こちらもかなり細かく設定できる。

目つきの悪いやつがいて、めっちゃ可愛かったです(’ー’)

 

 

スポンサーリンク

MHWはオープンワールド!

モンハンワールドのフィールド画像。綺麗なグラフィックもすごいが、マップを全てシームレスで移動できることが素晴らしい。

クエストを受注して、フィールドに移動したあとはローディングすることはありません!フィールドはオープンワールドになっていて、自由に移動が可能!

フィールドには、何ヶ所かキャンプが設置されており、自由に別のキャンプへジャンプすることができます。その際もロードなし!一瞬で移動できるのですごい快適です。

 

 

スポンサーリンク

MHWはキャンプで食事やクエストが受けれる

モンハンワールドのキャンプ画像。食事や、クエスト受注、装備の換装が行える。かなり自由度が増した。

事前情報でも出ていましたが、モンハンワールドのキャンプはかなり出来ることが増えており、食事やクエストの受注が可能。装備の変更なども行えるのでとても便利。

一度、フィールドに出たら、そのフィールドのクエストを全部クリアするまで戻らずにプレイするなど、効率的に遊べそうですね。

食事めっちゃ美味しそう(’ー’)

 

 

スポンサーリンク

プレイしてみた感想

モンハンワールドのフィールド画像。導虫に大型モンスターの痕跡を教えながら、フィールド内を探索していく。

その他、気になった点など整理しました。

 

スタミナが減らない

大型のモンスターに出会うまでは、スタミナが減りません。ダッシュし放題!すごい快適。

 

今までのアクションがスムーズ

回復薬は移動しながら使えるし、採集するときは座ったりしません。(キノコとかしゃがまないと取れないものはしゃがみます。草とか実とかは、歩きながらプチって取って去る感じ。すごい。)今までモンハンやってきた人なら、この点はかなり感動する!操作していてストレスになることがないです。

 

武器の操作は3DSの感覚でいける

ボタン配置は3DSと同じ配置なので、PS4になったからといって、戸惑うことはありませんでした。隠れ蓑のようなアイテムを使うときの操作や、チャットとかスタンプを送る操作が新しく追加されていて、そこだけ最初は戸惑うかも。

 

お肉を焼くタイミングがちょっと違う

モンハンワールドの肉を焼いている画像。肉焼き機が進化している。あと、肉を焼くタイミングが少し変わった。

タイミングが前と比べると少し早いから、音楽に合わせるより、お肉の色を見た方がいいかも!何個か黒コゲにしちゃったよ!

 

レウスの生態を観察してみた

レウスの画像。map16が初期位置。※マルチプレイでの画像のため、他のプレイヤーの人は名前を隠してます。

MAPの16がレウスの初期位置っぽい。自分の巣で毛づくろいならぬ、翼づくろいをしていて、かわE。
このあと、しばかれました(’ー’)

 

map16が崩れて落ちていく画像。※マルチプレイでの画像のため、他のプレイヤーの人は名前を隠してます。

MAP16でレウスが暴れると、水が流れ出してそのまま下に突き落とされたでござる。ひどい。

 

ディアブロスの生態も観察してみた

ディアブロスの画像。ボルボロスクエの砂漠mapにいる。※マルチプレイでの画像のため、他のプレイヤーの人は名前を隠してます。

ボルボロスのクエストのMAP15が初期位置の模様。近くのキャンプから降りたらすぐ出会ってビビっている図。もちろん、このあと、しばかれました(’ー’)

 

ヘビィボウガンが楽しかった

ヘビィボウガンの画像。連射が楽しい。ダメージが数値化されるようになり、より戦略性が上がった。※マルチプレイでの画像のため、他のプレイヤーの人は名前を隠してます。

ゲージが溜まってると、弾が連射できる技があるんですが、これがものすごい楽しい!ダメージが数字で見えるようになった件については賛否あるかもしれませんが、ぼくは賛成派。

どこに攻撃すると1番ダメージが与えられるかとか、目に見えてわかるようになったことで、より自分の立ち回りを考えられるようになりました。

あとは武器ごとの特徴もハッキリとわかります。太刀は通常攻撃はあまりダメージが出ないけど、気刃斬りだと結構ダメージ与えられるとか。今までわかっていたことだけど、数値化されることで改めて認識できて楽しいです。

 

 

まとめ

モンハンワールドの大型モンスターとの戦闘画像。キャラクターの操作はかなりスムーズ。ストレスなく動かすことができる。

モンハンワールドを触ってみて1番感じたのは圧倒的な操作性。大型モンスターとの戦闘もスムーズに操作できるんですよね。純粋に遊んでいて楽しい!

製品版の発売は2018年の1月26日なので、まだPS4を持っていない人はこの機会にぜひ!

オンラインプレイは「PlayStation Plus」の加入が必要です。3ヶ月だと1,500円ほどなので、毎月500円くらいで遊べると思うと手頃なお値段ですね。14日間無料体験ができるので、まずは無料体験するのもありです。

うーん、来年が待ち遠しい!

ではー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です